使用CSS一覧 poppins02 コンテンツタイトル poppins08 更新履歴タイトル height160 更新履歴高さ text-center ボタン配置 contets_tablet コンテンツ タブレット幅 contets_pc コンテンツ タブレット幅 各種 flower-position-pc(tablet&mobile) crystal-position-pc(tablet&mobile) book-position-pc(tablet&mobile) Allison サラ・シルフィードのサイン ss-word サラ・シルフィードのサイン手前の棒

  〈 パターン0✕0✕0✕適用 : アクセス経路解析……完了 〉 

  〈 “サラ・シルフィードの手記”を閲覧環境に対応した〈現〉地域言語に自動変換します 〉 

Loading

INFORMATION

 2024.05.12 

MEMORY

Ray Re:Chord
第一楽章第九小節 更新

 2024.04.24 

MEMORY

モモと不思議な魔法の小瓶
1~8話(完結)

 2024.04.25 

OTHERS

GALLERY開放

 2024.04.24 

MEMORY

約束のヴェンデッタは竜の歌声と遊ぶ
二譚三~十三話

MAIN CONTENTS

— Exist

CHARACTER

— Vestige

MEMORY

— Time

LIBRARY

— Exist

CHARACTER

— Vestige

MEMORY

— Time

LIBRARY

— Exist

CHARACTER

— Vestige

MEMORY

— Time

LIBRARY

SARAH SLE TEER

親愛なる✕✕✕✕へ
はじめまして。あるいはお久しぶり。

この手記をこうして閲覧しているということは、“私”の属する世界ではない──即ち、〈現〉に住まうあなたが、〈虚〉と〈現〉の共有領域〈零〉に格納された“データベース”への接続を果たしたものと思われます。

どちらにしても、これは宛名の欠けた遺書に過ぎません。

これを読んでいる貴方には、ここに記されている内容に対し、意義らしい意義も、意味らしい意味もなさないと思われます。

この手記は〈虚〉の世界が消滅ないし、私が死なない限り、内容が随時更新されていくことでしょう。

〈システム・エミリア・ブラーナ〉の“元”たる、この私、サラ・シルフィードは、〈虚〉に関する事象を記録し、〈現〉の第三者による閲覧を前提とした形式によって保存します。

これは、〈虚〉と〈現〉の狭間に位置する〈零〉の領域にて、行われる情報収集にして解析です。
あくまで私個人の独自判断に基づく文書であり、名の通り手記に過ぎません。

最後に、
この手記は〈虚〉での、

〈極夜の灯〉
〈Everlastingly Lost Time Horizontal〉

を代表とする〈対生成〉の可能性に備えたものです。

それが杞憂に終わる事を私は望みます。

前置きが長くなりましたが、“私”こと、サラ・シルフィードの告白と懺悔に、どうかお付き合いください。

Sarah Sylpheed

親愛なる✕✕✕✕へ
はじめまして。あるいはお久しぶり。

この手記をこうして閲覧しているということは、“私”の属する世界ではない──即ち、〈現〉に住まうあなたが、〈虚〉と〈現〉の共有領域〈零〉に格納された“データベース”への接続を果たしたものと思われます。

どちらにしても、これは宛名の欠けた遺書に過ぎません。

これを読んでいる貴方には、ここに記されている内容に対し、意義らしい意義も、意味らしい意味もなさないと思われます。

この手記は〈虚〉の世界が消滅ないし、私が死なない限り、内容が随時更新されていくことでしょう。

〈システム・エミリア・ブラーナ〉の“元”たる、この私、サラ・シルフィードは、〈虚〉に関する事象を記録し、〈現〉の第三者による閲覧を前提とした形式によって保存します。

これは、〈虚〉と〈現〉の狭間に位置する〈零〉の領域にて、行われる情報収集にして解析です。
あくまで私個人の独自判断に基づく文書であり、名の通り手記に過ぎません。

最後に、
この手記は〈虚〉での、

〈極夜の灯〉
〈Everlastingly Lost Time Horizontal〉

を代表とする〈対生成〉の可能性に備えたものです。

それが杞憂に終わる事を私は望みます。

前置きが長くなりましたが、“私”こと、サラ・シルフィードの告白と懺悔に、どうかお付き合いください。

Sarah Sylpheed

親愛なる✕✕✕✕へ
はじめまして。あるいはお久しぶり。

この手記をこうして閲覧しているということは、“私”の属する世界ではない──即ち、〈現〉に住まうあなたが、〈虚〉と〈現〉の共有領域〈零〉に格納された“データベース”への接続を果たしたものと思われます。

どちらにしても、これは宛名の欠けた遺書に過ぎません。

これを読んでいる貴方には、ここに記されている内容に対し、意義らしい意義も、意味らしい意味もなさないと思われます。

この手記は〈虚〉の世界が消滅ないし、私が死なない限り、内容が随時更新されていくことでしょう。

〈システム・エミリア・ブラーナ〉の“元”たる、この私、サラ・シルフィードは、〈虚〉に関する事象を記録し、〈現〉の第三者による閲覧を前提とした形式によって保存します。

これは、〈虚〉と〈現〉の狭間に位置する〈零〉の領域にて、行われる情報収集にして解析です。
あくまで私個人の独自判断に基づく文書であり、名の通り手記に過ぎません。

最後に、
この手記は〈虚〉での、

〈極夜の灯〉
〈Everlastingly Lost Time Horizontal〉

を代表とする〈対生成〉の可能性に備えたものです。

それが杞憂に終わる事を私は望みます。

前置きが長くなりましたが、“私”こと、サラ・シルフィードの告白と懺悔に、どうかお付き合いください。

Sarah Sylpheed